1on1とは|組織力強化に欠かせない1on1の目的と効果とは

1on1は、上司と部下が1対1で定期的に面談を行うコミュニケーションの場です。活用することで、1on1を通じて、上司と部下の信頼関係構築、部下の成長促進、組織の生産力向上、社員の定着率向上などの効果が期待できます。

そこで本記事では、1on1の目的や効果、実施する際の流れやポイントについて詳しく解説します。

人事-研修担当者300名へのアンケート調査

【2024年度最新版】企業を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中で、各企業では、どのような研修を実施しているのか。人事・研修担当者の関心が高い社員研修の実施状況を可視化!社員研修を見直すきっかけになる結果となっていますので、ぜひダウンロードしてご覧ください。

1on1とは

1on1とは

1on1とは、上司と部下が一対一で定期的に面談を行うコミュニケーションの場を指します。

業務を行う中では話しにくい内容も、個別に時間を設けることで、お互いに率直に意見交換ができます。

昨今、社員のエンゲージメント向上や離職防止が課題となる中、1on1の重要性が高まっています。

1on1の目的

1on1の目的

1on1の主な目的は、部下の成長を促進し、組織力を強化することです。上司は部下の目標や悩みを把握し、適切なアドバイスやサポートを提供します。

一方、部下は自身の考えや意見を上司に伝えることができ、モチベーションの向上にもつながります。

このような双方向のコミュニケーションが、組織全体の生産性を高めていきます。

1on1の効果

1on1の効果

1on1を実施することで、以下のような効果を期待できます。

  • 上司と部下の信頼関係構築
  • 部下の成長促進
  • 組織の生産力向上
  • 社員の定着率向上

それぞれ詳しく解説します。

上司と部下の信頼関係構築

1on1を通じて、上司と部下の間に強固な信頼関係が築かれます。定期的な対話により、お互いの考えや価値観を理解し、尊重し合うことができるでしょう。

信頼関係が深まることで、部下は上司に相談しやすくなり、上司は部下の成長をサポートしやすくなります。

また、信頼関係は、チームワークの向上にも寄与し、組織の一体感を高めることができるでしょう。

部下の成長促進

1on1では、部下の目標や課題に焦点を当て、上司がアドバイスやフィードバックを提供します。

部下は自身の強みと弱みを認識し、成長のための具体的な行動計画を立てることができます。そのため、部下は着実にスキルアップを図ることができるでしょう。

また、1on1を通じて部下は自己効力感を高め、自律的に行動する力を身につけられます。

組織の生産力向上

1on1を導入することで、組織全体の生産性が向上します。部下一人ひとりが目標に向かって能動的に取り組むことで、チーム全体のパフォーマンスが向上します。

また、上司と部下の間の円滑なコミュニケーションにより、業務の効率化や問題解決のスピードアップが期待できます。1on1は、組織の生産力を高める重要な施策の一つといえるでしょう。

社員の定着率向上

1on1は、社員のエンゲージメントを高め、定着率の向上に寄与します。上司との定期的な対話を通じて部下は自身の成長を実感し、組織に対する帰属意識を高めることができます。

また、1on1で築かれた信頼関係は部下の仕事へのモチベーションを高め、離職リスクを減らすことにつながります。1on1は優秀な人材を確保し、組織の継続的な発展を支える施策といえるでしょう。

1on1を実施する流れ

1on1を実施する流れ

1on1を実施する流れは以下の通りです。

  1. 目的の設定と共有化
  2. 定期的な日時と場所の設定
  3. 実施内容の記録と振り返り

①目的の設定と共有化

1on1を始める前に上司と部下で目的を明確にし、共有することが大切です。目的を共有することでお互いの認識のズレを防ぎ、効果的な1on1を実施できます。

また、目的に沿ってアジェンダを作成し、話し合いの方向性を決めておくことも重要です。目的とアジェンダを明確にすることで、効率的かつ生産的な1on1が実現できるでしょう。

②定期的な日時と場所の設定

1on1は、週1回から月1回など、定期的に継続して実施することが重要です。上司と部下のスケジュールを調整し、両者が参加しやすい日時を設定しましょう。

また、会議室やカフェなど、リラックスして話せる場所を選ぶことをおすすめします。場所選びも1on1の雰囲気に影響を与えるため、プライバシーが確保され、集中して話せる環境を整えることが大切です。

③実施内容の記録と振り返り

1on1では話し合った内容を記録に残し、後から振り返ることが大切です。議事録を作成し、決定事項や課題を明確にしておきましょう。

また、次回の1on1では、前回の内容を確認し進捗状況を共有することで、PDCAサイクルを回していきます。継続的な記録と振り返りにより、部下の成長や目標達成度合いを把握でき、適切なフィードバックを与えることができるでしょう。

加えて、過去の記録を参照することで、部下の成長プロセスを可視化できます。

1on1の効果を高めるには

1on1の効果を高めるには

1on1を行う際は、ただ漠然と話しをするのではなく、以下2点を行うことで効果を高めることができます。

  • 事前に話す内容を組み立てる
  • 部下が話しやすいよう意識する

1on1の時間が有意義なものになるよう、意識して取り組みましょう。

事前に話す内容を組み立てる

1on1の効果を最大化するには、事前に議題を整理し、優先順位をつけることが重要です。部下の状況や課題を把握し、話し合うべきトピックを洗い出しましょう。

また、部下の関心事や目標に沿ったテーマを選ぶことで、より建設的な対話が可能になります。事前準備に十分な時間を割くことで、限られた1on1の時間を有効に活用できるでしょう。

部下が話しやすいよう意識する

1on1では、上司から一方的に話すのではなく、部下が話しやすい雰囲気づくりが大切です。部下の発言をじっくりと聞き、共感を示すことで、部下は自分の考えや意見を表現しやすくなります。

また、オープンクエスチョンを活用し、部下の考えを引き出すことが重要です。部下中心の対話を心がけることで、部下のモチベーションを高め、信頼関係を強化できるでしょう。

まとめ

まとめ

1on1は、上司と部下が個別に面談する貴重な機会であり、組織力強化に欠かせない取り組みです。社員のモチベーション向上や組織の生産力向上など、1on1の効果は多岐に渡ります。

定期的な実施と双方向の対話を心がけ、1on1を有意義なものにしていきましょう。

この記事を書いた人

ヒューマンアカデミー企業研修編集部

企業研修についてのお役立ち情報や、ヒューマンアカデミーの企業研修の特長などを発信していきます。

企業研修ならヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーでは、ご要望・課題に合わせて最適なカリキュラムとプロ講師の選定で充実した企業研修をご提供しています。お気軽にご相談ください。