英語研修|企業の国際競争力を強化する英語研修の必要性やメリット、ポイントとは

グローバル化が加速する現代のビジネス環境において、企業の国際競争力の重要性が高まっています。

英語研修を実施し社員一人ひとりの語学力を高めることで、組織全体の国際競争力を強化することができるでしょう。

本記事では、英語研修の必要性やメリット、実施する際のポイントについて解説します。

人事-研修担当者300名へのアンケート調査

【2024年度最新版】企業を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中で、各企業では、どのような研修を実施しているのか。人事・研修担当者の関心が高い社員研修の実施状況を可視化!社員研修を見直すきっかけになる結果となっていますので、ぜひダウンロードしてご覧ください。

企業における英語研修とは

企業における英語研修とは

企業における英語研修とは、社員の英語力向上を目的とした教育プログラムのことを指します。

グローバル化が進む現代のビジネス環境においては、英語でのコミュニケーション能力や業務遂行力が求められています。

そのため、国際競争力を高めグローバル市場で成功することを目的として、多くの企業で英語研修が実施されています。

英語研修を実施し社員一人ひとりの能力を引き上げることで、組織全体の国際競争力を強化することができるでしょう。

英語研修の必要性

英語研修の必要性

グローバル化が加速する現代社会において、英語研修の必要性は非常に高まっています。

グローバル化に伴い海外企業との取引や協業が広がり、国際的な会議や交渉の場に参加する機会が増えた企業も多いのではないでしょうか。このような状況下で、社員の英語力を向上させることは、企業の発展に直結する重要な課題です。

英語研修は、グローバル化に対応できる人材を育成するために重要な取り組みです。企業が国際舞台で競争力を維持し、更なる成長を遂げるためには、英語研修への投資が不可欠でしょう。

英語研修を実施するメリット

英語研修を実施するメリット

英語研修を実施することで、以下のようなメリットが期待できます。

  • グローバルに通用する人材を育成できる
  • 英語が必要な業務に対応できる人材を育成できる
  • 英語学習に対する社員のモチベーションを高められる

それぞれのメリットについて、詳しく解説します。

グローバルに通用する人材を育成できる

英語研修を通じて、社員はグローバルなビジネス環境で通用するコミュニケーション能力を身につけることができます。

これにより、海外との交渉や国際会議での発言力が向上し、グローバルに活躍できる人材の育成につながります。企業の国際競争力強化にも大きく貢献するでしょう。

そのため、英語研修は、社員のスキルアップと同時に、組織全体のグローバル化を加速させる効果が期待できます。

英語が必要な業務に対応できる人材を育成できる

英語研修を受けた社員は、英語を使用する業務にスムーズに対応できるようになります。海外からの問い合わせ対応や、英語での書類作成など、語学力が求められる場面で力を発揮できるでしょう。

英語研修は、業務効率の向上と円滑なコミュニケーションの実現に貢献します。さらに、社内の英語化を推進することで、グローバルな企業文化の醸成も期待できます。

英語学習に対する社員のモチベーションを高められる

企業が英語研修を実施することで、社員の英語学習に対するモチベーションが高まります。自己啓発の一環として英語学習に取り組む社員も増えるでしょう。

社員の自発的な学習意欲を引き出すことで、組織全体の語学力向上を促すことができます。

英語研修は、社員の成長意欲を刺激し、自己研鑽の機会を提供する効果も期待できます。社員のモチベーション向上は、職場の活性化にもつながる重要な要素と言えるでしょう。

英語研修を実施する際のポイント

英語研修を実施する際のポイント

英語研修を実施する際は、以下のポイントを押さえて研修を設計しましょう。

  • 受講者の英語力に合う研修を実施する
  • 実務につながる演習を実施する
  • 異文化コミュニケーション能力を高める研修を併せて実施する

受講者の英語力に合う研修を実施する

英語研修を行う際は、受講者の英語レベルに合わせた内容を用意することが大切です。

初級者向けには基礎的な文法や語彙から学ぶコースを、上級者向けにはビジネス英語や交渉スキルを磨くコースを提供するなど、レベル別の研修を実施することで効果的な学習が可能になります。

受講者のニーズや目的に合わせたカリキュラムを設計することが、研修の成果を最大化するポイントです。

実務につながる演習を実施する

英語研修では、実際の業務で使える実践的なスキルを身につけられるよう、演習を多く取り入れることが重要です。

例えば、ロールプレイングで会話練習をしたり、英文メールの書き方を学んだりするなど、実務に即した内容を盛り込むことで、研修の効果を最大限に引き出すことができます。

座学だけでなく、アクティブラーニングを積極的に取り入れることで、社員の英語力を効果的に向上させることができるでしょう。

異文化コミュニケーション能力を高める研修を併せて実施する

英語力だけでなく、異文化理解や国際的なマナーを学ぶ研修も大切です。文化の違いを理解し、適切なコミュニケーションを取れるようになることで、グローバルなビジネス環境で活躍できる人材を育成することができるでしょう。

英語研修と異文化コミュニケーション研修を併せて実施することで、語学力とグローバルマインドセットの両面から人材育成を図ることができます。

多様性を尊重し柔軟に対応できる人材の育成は、企業の国際化に欠かせない要素と言えます。

ヒューマンアカデミーの英語研修

グループ会社の「産経ヒューマンラーニング」の”産経オンライン英会話Plus”ですぐに使えるビジネス英語をご提供します。

オンラインで完結できるうえ、社員の方の自己啓発や福利厚生としても使えます。また、役員や専門職の方向けに日常英会話からVIPコースまで幅広く対応可能です。マンツーマン、短期集中など受講タイプも様々。教材も企業様のご希望に合わせてカスタマイズすることができます。

受講者が選択できるレベル別・目的別の全750種のテキストレッスン(音声ダウンロードあり)、フリートークなど多岐にわたるうえ、慶應大学名誉教授監修によるビジネス英会話教材もご用意しています。

まとめ

まとめ

企業における英語研修は、グローバル化が進む現代のビジネス環境において欠かせない取り組みとなっています。

社員の英語力を向上させることで、グローバルに通用する人材の育成や、英語を使用する業務への対応力強化が期待できます。また、社員の学習意欲を高め、組織全体の語学力向上にもつながるでしょう。

研修を実施する際は、受講者のレベルに合わせた内容や、実務に即した演習を取り入れることが大切です。また、異文化コミュニケーション能力を高める研修も併せて行うことで、より効果的な人材育成が可能となります。

英語研修を通じて、グローバル化に対応できる強い組織づくりを進めていくことが、企業の持続的な成長につながるでしょう。

この記事を書いた人

ヒューマンアカデミー企業研修編集部

企業研修についてのお役立ち情報や、ヒューマンアカデミーの企業研修の特長などを発信していきます。

企業研修ならヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーでは、ご要望・課題に合わせて最適なカリキュラムとプロ講師の選定で充実した企業研修をご提供しています。お気軽にご相談ください。