マネジメント研修|組織の力を底上げするマネジメント研修のポイントを解説

組織において、マネジメント人材は重要な存在です。その一方でマネジメント人材の不足が課題となっている企業が増えてきています。

ヒューマンアカデミーでは、マネジメント人材を育成するための研修を提供しています。マネジメント研修を提供する中で見えたマネジメント研修の本質的な目的やポイントについて解説します。

効果的なマネジメント研修の実施にお悩みの方はぜひご覧ください。

企業研修ならヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーでは、ご要望・課題に合わせて最適なカリキュラムとプロ講師の選定で充実した企業研修をご提供しています。お気軽にご相談ください。

マネジメント研修とは?

マネジメント研修とは、管理職やリーダー層を対象に、組織のマネジメントに必要な知識やスキルを習得するための研修です。マネジメントの基本的な考え方から人材育成能力の開発、部下の指導育成方法など、管理職に求められる資質・能力を高めることで、組織全体の力を高めていくことを目的としています。

マネジメントを行うリーダーに求められる能力

リーダーには、大きく以下4つの能力が求められます。マネジメントスキルを正しく理解し、実践できる人材を育成することが組織の力を高めるポイントです。

①対人関係能力

-リーダーシップ、説得力、柔軟性、感受性など

②意思疎通能力

-理解力(傾聴能力・要点把握力)、口頭表現力(発表力)

③業務処理能力

-計画・組織・統制力、人材の活用(権限委譲)、問題分析力(創造力)、判断力、決断力

④個人的能力

-対面影響力、バイタリティ、リスクテーキング、ストレス耐性

こういった能力を身に付け、職場を牽引するリーダーの存在は組織にとっても重要です。一方で、これらの幅広い能力を身に付けるのは簡単ではありません。そのためにマネジメント研修を実施し、リーダーを育成することが求められるのです。

マネジメント研修の本質的な目的とは?

現代社会におけるビジネスでは、急速な顧客ニーズの多様化や同業他社との競争が激化している中、リーダーのマネジメントが経営資源の最大の活用できるかという課題が日々強まっています。

そのような中で、目標を達成するためにチームマネジメントができ、部下を育成できるリーダーの重要度も高まってきています。リーダーを育てるためのマネジメント研修の目的は大きく以下の3点です。

1:マネジメントの基本を習得できる
2:リーダーシップを発揮して職場をリードできる
3:部下や後輩と対話を通じて部下指導ができる

マネジメント研修といえば、対人関係力やコミュニケーション力、指導力の向上にあると思われがちです。しかし、単に知識を習得するのではなく、上流にあるマネジメント戦略思考や課題設定力などを身に付けていくことが本質的な目的になります。

マネジメント研修のポイント

マネジメント研修を実施することで、リーダーの意識と自覚を促し、研修で基本的な知識とスキルを習得していく必要があります。また、人の観察力を高めるために、自己理解と他者理解を深めていくという視点も重要です。

そのような力を付けるためのマネジメント研修のポイントとして、グループディスカッションやケーススタディ、ロールプレイングなどの実践的手法を取り入れることにあります。

研修に参加する人材が主体的に学んでいくためには、講義だけでなく実践を中心とした内容でマネジメント能力を高めることが重要です。自ら考え行動する参加型の研修を実施することが、より効果を高めるためのポイントになります。

ヒューマンアカデミーのマネジメント研修

ヒューマンアカデミーでは、マネジメント研修を「マネジメント基礎研修」「マネジメント研修」「経営マネジメント研修」など階層に合わせて様々な種類を提供しています。マネジメント基礎研修は新任のマネージャーを想定した基礎的な内容を中心に実施し、管理者としての意識づけや行動を習慣化させるための研修です。

マネジメント研修では管理職としての戦略的思考を養い、自部署の業務改革・成果産出の為のスキルを学ぶためのより実践的な内容になります。自社に最適な研修プランにお悩みの場合は、ぜひ一度お問い合わせください。

ヒューマンアカデミーのマネジメント研修

新任管理職として必要な戦略的思考力を養い、自部署の業務改革・成果産出の為のスキルを学びます。また、主体的な参加により、経験からの気づき等々を講義主体の座学型研修よりも、深く得られ納得する事が出来ます。

マネジメント研修の目的

  • 管理職のマインドセットを理解する
  • チームマネジメントを理解する
  • 人材育成の能力を磨く
  • 目標設定の仕方を理解する

マネジメント研修に期待される効果

  • 管理職としてチームを機能させる力が身に付く
  • 人材育成スキルが向上し、組織全体の力を底上げする
  • グループ内で解決策の共有ができるようになる

マネジメント研修のカリキュラム例

マネジメント研修に課題を感じていたり、プロフェッショナルによる研修実施をご検討の方はぜひご相談ください。

マネジメント研修でお困りですか?

組織力を高めていくためには、マネジメント人材の育成が欠かせません。よく、スタートアップやベンチャー企業の組織拡大の過程で現れる課題を「30人の壁・50人の壁・100人の壁」と表現することがあります。

これは組織拡大に伴うマネジメント人材の不足などが原因と言われますが、それほどにマネジメント人材は重要といえるものです。ヒューマンアカデミーのマネジメント研修は、ただの講義に留まらず、実践を意識した内容ですぐに業務に持ち帰ることができる効果的な内容となっています。

組織のマネジメント人材育成に課題感のあるご担当者様は、ぜひヒューマンアカデミーまでお問い合わせください。

この記事を書いた人

ヒューマンアカデミー企業研修編集部

企業研修についてのお役立ち情報や、ヒューマンアカデミーの企業研修の特長などを発信していきます。

研修でお困りならお気軽にご相談ください

研修でお困りや課題があれば、研修のプロフェッショナルであるヒューマンアカデミーまでご相談ください。
貴社の目的・ご要望に合わせて、研修カリキュラム・講師手配など最適なプランをご提案いたします。