【階層別研修】若手・中堅・管理職に向けた研修実施のポイントやカリキュラム例

企業の社員教育では、階層別研修が盛んに活用されています。しかし、階層別研修の目的やメリットについて理解している人はまだ少ないのが現状です。

本記事では、階層別研修の意味と必要性、効果的な実施のポイントについて解説します。社員教育を担当する方にとって、階層別研修の本質を理解することは大変重要です。

階層別研修の重要性がわかれば、より戦略的な人材育成が可能となります。ぜひ本記事を通して、階層別研修の意義を掴んでいただければと思います。

人事-研修担当者300名へのアンケート調査

【2024年度最新版】企業を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中で、各企業では、どのような研修を実施しているのか。人事・研修担当者の関心が高い社員研修の実施状況を可視化!社員研修を見直すきっかけになる結果となっていますので、ぜひダウンロードしてご覧ください。
目次

階層別研修とは?

階層別研修とは、会社の役職構成に応じて、管理職・ベテラン社員・中堅社員・新入社員などの階層ごとに分けて研修を実施する方法です。

例えば、管理職には部下の指導や組織運営の研修を、新入社員には業務知識やマナーの研修を行います。このように、階層ごとに求められるスキルと役割は異なるため、階層別のカリキュラムを設定することが重要です。

階層別研修の目的は、階層の特性に合わせた効果的なプログラムを提供し、階層ごとの資質向上を図ることです。組織全体としての力量形成をするために、階層別研修は欠かせない人材育成手法といえます。

階層別研修の本質的な目的とは?

階層別研修の目的は、階層に応じた役割を果たすために必要な知識やスキルを習得させることです。
例えば、管理職には部下の指導や目標達成のためのリーダーシップが求められます。そのため、管理職研修ではリーダーシップの発揮や組織運営のスキルを身につけることが目的となります。

一方、新入社員研修は、仕事の基本的な心構えや会社の基礎知識を学ぶことが中心的なねらいです。

このように、階層別研修では、その階層に応じた「役割を全うするための能力開発」が本質的な目的なのです。組織力の強化には欠かせない手法といえます。

階層別研修の必要性

社員の階層が上がるにつれ、期待される役割や責任は大きく異なります。
具体的には、管理職には部下の指導や業績目標達成への責任が生じます。ベテラン社員には後輩の教育や難しい業務遂行が求められます。

このため、階層に応じて適切な知識とスキルを身につける必要があり、その効率的な習得手段として階層別研修は不可欠です。

階層別研修により、限られた教育時間とコストの中で、階層のニーズに合致した効果的な育成をすることができます。組織力強化の観点から、階層別研修は計画的な人材育成上、欠くことができない重要な手法といえます。

階層別研修実施のポイント

より効果的な階層別研修を実施するためには、以下4つのポイントを考えることが大切です。

①階層の役割とニーズに合ったカリキュラム設定

管理職向けと一般社員向けとでは、身に付けるべきスキルは全く異なるものです。階層別に求められるものを理解した上で、内容を変える必要があります。

②研修の効果測定を行う

研修は実施して終わりではなく効果測定を行うことが重要です。研修はその年度のみ行うものではなく、毎年入る新しい人材に向けて定期的に実施することで組織力向上の効果を発揮します。研修の内容をブラッシュアップし、より効果の高いものにするためにも、研修前後の比較や、研修内容の定期的見直しを行う必要があります。

③フォローアップ研修を活用する

階層別研修を行ったあと、継続的な研修体系を構築することが望まれます。一度学んだ内容は時間の経過と共に記憶から薄れてしまうものです。研修の内容を身に付け、業務の中で実践に落とし込めるようフォローアップを行うことで、研修の効果がより高まります。

④演習やディスカッションを取り入れる

研修全般に言えることですが、研修の実施はより能動的に行えるカリキュラムにすることが重要です。受講者の能動的学習を促すことで、深い理解と定着を図ることができ、成果や満足度の高い研修にすることできます。

このように、効果を上げるには戦略的な研修体系の構築が欠かせません。カリキュラムと運営の両面での配慮が重要といえます。

階層別研修の効果

階層別研修に期待できる効果として、まず階層の特性に合った効率的な育成ができることが挙げられます。限られた時間と予算の中で必要な能力を習得できるため人件費対効果は高くなります。

そして、階層別研修の実施により組織力の強化も期待できます。階層別に能力が向上することで、組織全体のスキルが高度化します。階層別研修で身に付けたスキルや知識により、業務品質の向上や生産性アップにつながります。

そして、企業研修には意識改革の効果も見込まれます。特に階層別研修では、組織内での自分の立場を意識して主体的に学ぶようになるため、企業への帰属意識や、やりがいの向上が期待できます。

最後に、計画的な人材育成が実現できることもあるでしょう。階層別研修により中長期的な人材戦略を体系的に進めることが可能となります。

【若手・中堅・管理職別で紹介】階層別研修の具体的な例

ここからは、若手・中堅・管理職の3つの階層に分けて、それぞれの階層に向けて実施する企業研修について紹介していきます。

【若手社員向け】階層別研修の一例

【若手向け】ビジネスマナー研修

社会人経験の浅い若手社員向けの研修として代表的なのが、社会人としての基本的なマナーを身に付けるためのビジネスマナー研修です。

短期間で集中して行うことで、理解と実践を身に付けて、早期の戦力化を図ることできるでしょう。

ビジネスマナー研修については以下の記事で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

ビジネスマナー研修|社員の階層に合わせたカリキュラムを実施することが重要

【若手向け】コミュニケーション研修

コミュニケーションと聞くと、最近ブームになっているコーチングやカウンセリングの影響からか、話しを聴

くことばかりに焦点をあててしまいがちですが、そうするとせっかくの力が半減してしまいますし、自らの感

情をマネジメントすることは難しくなってしまいます。

この研修では、聴くことと話すことの両方をバランスよく学ぶことにより、今までのコミュニケーションスキ

ルを更に向上させるところに重きを置き、心と体をリフレッシュしていきます。

コミュニケーション研修の目的

  • 社会人としてのコミュニケーションのとり方を学びます

コミュニケーション研修に期待できる効果

  • 想いが相手に伝わりやすくなります
  • 心の壁を取り払いやすくなり、相手の心理的距離が近づきます
  • 人の長所を見つけやすくなり、問題・悩みに対する対処法が見つかります
  • 「報告・連絡・相談・確認」が円滑に行われやすくなります

コミュニケーション研修のカリキュラム例

【若手向け】パソコンビジネス活用研修

新卒の方を対象に業務上必要となる、「Word」「Excel」「Power Point」のスキルを身に付けていただき、ビジネスコミュニケーションで必須となる「Email」の知識も身に付けていただきます。

パソコンビジネス活用研修の目的

  • パソコンの基本操作ができる方を対象に、業務効率化、業務品質向上につながる PCスキルの習得

パソコンビジネス活用研修に期待できる効果

  • Word:複数ページにわたる長文文書を効率的に作成・編集することができるようになる
  • Excel:複数のデータを効率的に集計することができる、又は応用関数を使って効率的な集計を行い、条件付書式やグラフを活用した情報の視覚化ができるようになる
  • PowerPoint:グラフや表、画像を挿入した視覚的にインパクトのある企画書を作成できるようになる
  • Email:ビジネスメールの基本的なマナーを理解し、情報漏えいリスクを回避できるようになる

パソコンビジネス活用研修のカリキュラム例

【若手向け】ビジネス文章力研修

ビジネス文書の重要性を知り、社内・外文書、宛名の書き方、メール文のマナーと書き方の基本について演習を通じて学習していただきます。ビジネス文書設計の基本的な考え方を学ぶことで、「わかりやすく、読みやすい文章」が書ける。文章をタイミングよく時間をかけずに 効率的に作成する事が可能となる。

ビジネス文章力研修の目的

  • 報告書、議事録の作成方法を習得する

ビジネス文章力研修に期待できる効果

  • 「わかりやすく、読みやすい文章」が書けるようになる
  • 文章をタイミングよく時間をかけずに効率的に作成する事が可能となる

ビジネス文章力研修のカリキュラム例

【若手向け】コンプライアンス研修

社会人になりたての若手社員にとって、ビジネスマナーと同じくらい基本的かつ重要なものが「コンプライアンス」に関する知識です。企業が遵守すべき法令や社会規範であるコンプライアンスを学ぶことで、行動をする上での指針となり、企業としてのCSRの実践に繋がります。

コンプライアンス研修については、以下の記事でより詳しく解説しています。

コンプライアンス研修|企業の社会的信用の向上や風土の改善を目指す

【中堅社員向け】階層別研修の一例

【中堅向け】モチベーションマネジメント研修

「モチベーションがなかなか高まらない。」「モチベーションを一時的に高めることはできるけど、持続することができない。」そんな意見が多いのは、心のメカニズムを把握し、モチベーションを持続する仕組みを構築できていないことに原因があります。そこでこの研修で、自らの内側からモチベーションを引き出し、その引き出したモチベーションを持続させる5つの秘訣を体得していきます。

モチベーションマネジメント研修の目的

  • 自己理解を深める
  • モチベーション のマネジメントの方法を学ぶ

モチベーションマネジメント研修に期待できる効果

  • 高いモチベーションを維持するコツを身につけることが できる
  • 落ち込んでしまった後の復活手法を習得することができる
  • 瞬時にモチベーションを高めることができる
  • 自らの周りに高いエネルギーを持った人が集まるように なる

モチベーションマネジメント研修のカリキュラム例

【中堅向け】プレゼンテーション研修

下手でも上手くいくプレゼンテーションの秘訣は、どれだけ準備をするかがとても重要となってきます。本研修ではその重要な準備に重点を置き、独自の準備メソッドを活用し、ワークショップを通じて正しい準備の仕方を身につけることができます。

これにより、話力に頼らなくても自信を持ってプレゼンテーションに取り組めるようになることを目標としています。

顧客企業や、セミナー、講演スピーチの経験豊富な講師が現場で培った実践的ノウハウを元に指導を行います。決して、”職業講師”からでは得られないリアルな経験、ノウハウをもとに、各人に向いたプレゼンテーションスタイルを一緒に考えます。

最初に課題を認識させ、自らゴールを設定し、終了後改めて自己課題の発見をすることで研修終了後も持続できる学習効果を高めます。

プレゼンテーション研修の目的

  • プレゼンテーションセオリー(理論)の理解
  • 聞き手のコンディションを理解したプレゼンテーションの実践

プレゼンテーション研修に期待できる効果

  • 論理だった説明を聞き手に対して行うことができるようになる
  • 聞き手のコンディションを理解したプレゼンテーションができるようになる

プレゼンテーション研修のカリキュラム例

【中堅向け】タイムマネジメント(段取力)研修

仕事の背景の考え方、仕事の段取り、作業の優先順位付けなどを通じて、ベーシックな段取りを学びます。一人で複数の仕事を同時並行で受け持つ場合に段取りは欠かせません。ゴール設定やスケジュール、優先順位の立て方、実行の仕方についての段取り方と推進方法を学びます。

全編ワークショップ式の研修です。講師のファシリテーションによって、受講メンバーの失敗経験や成功経験の共有を行います。身近な例や話による具体的なイメージ創出で理解が深まります。

タイムマネジメント(段取力)研修の目的

  • 「依頼の背景の聞き出し方」「ゴール設定」「優先順位づけ」「時間管理」「一日、一週間単位の仕事の立て方」などの手順を体系的に理解する

タイムマネジメント(段取力)研修に期待できる効果

  • 仕事を確実に無理無駄なく実行できるようになる
  • 仕事をどう段取るかの「段取り力」が身に着く

タイムマネジメント(段取力)研修のカリキュラム例

【中堅向け】ロジカルシンキング研修

双方向講義によりロジカル・シンキングの知識提供と、個人ワーク・グループ討議による認知拡大、相互研鑽により、必須な「論理的思考」「問題解決」を学び業務の質向上への実践を促します。

事前課題を出し自社の問題を洗い出し、個人問題を組織問題として捉えグループで課題抽出、討議し、論理的思考のツールの活用と問題解決の手法をグループ討議を通じて学びます。

ロジカルシンキング研修の目的

  • 主体的 に課題設定・解決プランニングができるスキルを身につける

ロジカルシンキング研修に期待できる効果

  • 組織的な課題をグループで抽出し、解決までのプロセスをデザインする事により、実務で使えるレベルのスキル習得
  • 問題解決の基本を学び、論理的思考(ロジカル・シンキング)が出来るようになる

ロジカルシンキング研修のカリキュラム例

【中堅向け】デザイン思考研修

新製品開発や新サービス、新システム、ビジネスモデルを構築するために、イノベーションに関する基本的な知識や価値創造のためのデザイン思考を学びます 。受講者 同士のチームワークを高めながら、デザイン思考を実践できる雰囲気を醸成し、受講者の取り扱い製品やサービスを取り巻く状況を実際に分析したり、ディスカッションやブレインストーミングをして実践的に進めていきます。

デザイン思考研修の目的

  • デザイン思考の概要を理解し、どのようなプロセスで進んでいくかを体感する
  • イノベーション・リーダーとは何かを理解し、必要なスキルを確認する

デザイン思考研修に期待できる効果

  • 新製品開発や新サービス、新システム、ビジネスモデルを構築するために必要なイノベーションに関する基本的な知識を身に付け、取り扱い製品やサービスを取り巻く状況を実際に分析することができるようになる。

デザイン思考研修のカリキュラム例

【管理職向け】階層別研修について

組織をけん引する管理職は、部下の育成や業務改善・効率化の推進、経営戦略の理解とチームへの浸透など非常に重要度の高いポストです。

そんな管理職に対する研修は、成果が組織力に直結しやすい重要な施策となります。管理職向けの研修については、以下の記事で詳しく解説していますので、深く理解したい方はぜひご覧ください。

管理職研修|効果的なカリキュラムを階層別に解説

階層別研修にお困りですか?

本記事では、階層別研修の目的と効果、実施上のポイントを概説しました。階層別研修は、限られた時間とコストの中で最大の教育効果を上げる手法です。組織全体の資質向上に欠かせない人材育成ツールといえます。

研修担当者には、階層のニーズに合致したカリキュラム策定が求められます。また、単発の研修に終わらせず、継続的なプログラムを構築する工夫も重要です。

ヒューマンアカデミーでは、階層別の研修について、効果的なカリキュラム作成から講師アサインまで、企業研修のトータルサポートを行っています。成果に繋がる企業研修の実施なら、ぜひヒューマンアカデミーまでお問い合わせください。

この記事を書いた人

ヒューマンアカデミー企業研修編集部

企業研修についてのお役立ち情報や、ヒューマンアカデミーの企業研修の特長などを発信していきます。

研修でお困りならお気軽にご相談ください

研修でお困りや課題があれば、研修のプロフェッショナルであるヒューマンアカデミーまでご相談ください。
貴社の目的・ご要望に合わせて、研修カリキュラム・講師手配など最適なプランをご提案いたします。