グラフィソフト認定トレーナーによるARCHICAD研修

グラフィソフト認定トレーナー(GAT)とは

GRAPHISOFT AUTHORIZED TRAINER

グラフィソフト認定トレーナー(GAT)は、ARCHICADの基本的なトレーニングの水準を保ち、BIMの認識、OPEN BIMの浸透とインストラクターによる指導レベルを均一化することを目的として、グラフィソフトジャパンにより創設された認定制度です。
ARCHICADやBIMの技術的な知識・スキルと、その指導の両面で優れた能力を有し、質の高いトレーニングプログラムが提供できることを認定条件としています。

BIMトレーニング講座参加者の声

img01

img02

  • ・BIMについて基本的なことをじっくり教えてもらえた。
    わかりやすく建設(ゼネコンや建材、外国など)でどのように使われているか教えてもらい今後についてもイメージしやすかった。
  • ・先生のスキルが高く情報がたくさん聞けてためになりました!
  • ・とてもわかり易くて良かったです。ありがとうございました。
  • ・BIMが現在どのように使われているかなど、先生の話がとても参考になりました。
お問い合わせはこちら

研修内容(カリキュラム例:未経験対象)

No. テーマ 講義内容
1 基本概念・演習 1.基本概念 2.BIMについて 3.画面説明 4.ツールの説明
【使用テキスト】Magic1
2 基本操作
3 モデル検討 1.外部図面の取り込み 2.マジックワンド 3.資材設定 4.レンダリング設定
5.図面化作業
【使用テキスト】Magic2
4 プレゼンテーションボード作成
5 建物の基盤 1.フロア設定 2.通り芯 3.1階の主要構造部(柱・梁・壁・床)
4.レイヤの設定 5.建具の配置
6 オブジェクトの配置 1.衛生設備の配置 2.階段の作成 3.ゾーンの配置
7 基準階の作成 1.基準階の作成 2.バルコニーの作成 3.屋根・庇・パラペットの作成
4.地中梁の作成
8 オブジェクトの自作 1.オブジェクトの作成(家具・建具) 2.モルフの使い方
9 プレゼンテーション 1.レンダリング設定 2.BimXによるプレゼンテーション
10 図面化準備 1.断面・立面図の作成 2.2Dツール 3.ビュー登録 4.レイヤセット
5.モデル表示 6.ペンとカラー
11 図面化作業 1.マスタ設定 2.図面レイアウト 3.印刷設定 4.発行セット 5.確認テスト
12 FAQ 1.確認テスト解説 2.ARCHICAD BIMガイドライン説明 3.質疑応答

img01 img02 img03 img01 img02 img03

期間
1日6時間×4日間(合計24時間)※ご要望に応じたカスタマイズも可能です。
講師
グラフィソフト認定講師(GAT)が担当致します。
対象者
中堅社員,新人若手 / 内定者
お問い合わせはこちら

講師紹介

※ARCHICAD は、GRAPHISOFT® の登録商標です。