トップページ > コラム > 長期育成を重要視!管理職の人手不足を解消する方法

コラム

長期育成を重要視!管理職の人手不足を解消する方法

長期育成を重要視!管理職の人手不足を解消する方法

終身雇用制度を中心とした働き方が一般的でなくなってきた今、多くの若者が転職を繰り返しながら働き続ける傾向にあります。このような背景から、今後多くの企業が管理職の人手不足に直面することを懸念しているでしょう。
今回は、管理職の人手不足を解消するためには、どのような体制を整えていくべきなのかをご紹介します。

管理職の人手不足解消は社員の長期育成がカギ

8181-00001-02.jpg管理職の人手不足を解消するためには、既存社員を長期的な目線で育成していくことがカギとなります。社員の退職をなるべく防ぎながら、今いる社員を長期育成し、管理職へのステップアップを促しましょう。








多くの企業が人手不足に陥っている

今、多くの企業が人手不足による影響を実感しています。若者にとって、終身雇用制度や、ずっと同じ企業で働き続けるという働き方は、もはや一般的ではなくなりつつあります。ひとつの企業にとどまり続けるのではなく、より良い働き方を求めて、転職を繰り返すのは決して珍しいことではありません。
しかし、会社に若手社員が定着しなければ、次期の管理職を育成することができません。このような事情から、管理職の人手不足による影響を実感しつつある企業が増えています。

まずは退職する社員を減らすことから

長い目で見て管理職の人手不足を解消するなら、まずは退職する若手社員を減らすことから考えると良いでしょう。たとえ新たに人材を採用したとしても、社員が次々と退職を繰り返すようでは、結局人手不足は解消されません。社員を会社に引き止めるための、報酬の設定やステップアップについて、一度見直す必要があるでしょう。人手不足に陥ると、どうしても新しい人材の採用に目が行きがちになります。しかし、ここで既存の社員に注目できるかどうかが、退職する社員を会社にとどめるためのカギとなるのです。

既存社員を長期育成する体制を整えよう

そもそも、社内には既存社員を長い期間かけて育成する体制が整っているでしょうか?既存社員がゆくゆくは管理職として活躍できるように、長期育成する体制や風潮を確立していきましょう。そのためには、既存社員に責任のある立場を経験させるとともに、リーダーとしての役割を身に着けさせるような社員教育を取り入れる必要があります。
また、人が成長しやすい職場環境を作ることも、既存社員の長期育成のために欠かせません。ひとりの社員が成長するためには、仕事を通して周囲との信頼関係を築き上げられるような、良好な人間関係を育める環境が理想です。

既存社員が目指すべきステージを指し示そう

8181-00001-03.jpg管理職の人手不足を解消するためには、既存社員の長期育成がカギとなります。その育成の中で、既存社員が具体的に目指すべき次のステージを指し示していくことが重要です。









 

具体的な成長のステップが明確になっているか?

既存社員が漫然と仕事を続けているだけで、今後の具体的な成長のステップが明確になっていない――そんな状況に陥ってないでしょうか?将来的に管理職として活躍するモチベーションを高めるためには、今いる社員が今後のステップを理解できていることが前提となります。成長願望のある社員が、どのように努力すれば管理職へと成長できるようになるのか、情報をシェアしておくべきです。やる気のある社員のステップアップをフォローしましょう。

管理職の育成には周囲との関わりが不可欠

8181-00001-04.jpg
管理職として活躍できる人材を育成するためには、すでに管理職を経験している人間との関わりが必要です。例えば、ある社員が責任のある立場を引き受けた時に、さらに上の管理職からフィードバックを得られるような環境があれば、より成長のモチベーションが高まります。人の上に立つ管理職ですが、管理職となった既存社員がよりやりがいを見出だせるようになるためには、やはり尊敬できる人物からの評価が重要です。




 

金銭的な報酬と社会的な報酬を得られるように

管理職として働くことで、2つの報酬が得られるようになります。ひとつは金銭的な報酬、もうひとつは社会的な報酬です。管理職としてより高度な仕事に携わるようになった時、金銭という目に見える形での報酬があると、仕事や目の前のプロジェクトに対するモチベーションが高まります。また、金銭面だけでなく社会的に認められているという実感も、その企業で働く動機として機能するようになるでしょう。若手社員の長期育成を目指すのであれば、このように金銭的・社会的な報酬が得られるような体制を整えておきましょう。

おわりに

今回は、管理職の人手不足と、それを解消するための方法についてお伝えしました。若者の働き方がこれまでと大きく変化しているのであれば、新しい時代の企業もまた、それに合わせて変化するべき時期が来たのかもしれません。管理職の人手不足は、企業の将来を長い目で見た時に避けては通れない問題です。このような問題になるべく早いうちから取り組むとともに、長期的な目線で既存社員を育成することが、今後企業の将来を左右すると言えるのではないでしょうか?

一覧ページへ戻る