トップページ > コラム > 社内イベントでモチベーションアップ!交流を深める企画5選

コラム

社内イベントでモチベーションアップ!交流を深める企画5選

社内イベントでモチベーションアップ!交流を深める企画5選

普段の業務をこなしているだけでは、社員同士の交流が表面的なものにとどまってしまいがちです。そんな時に便利なのが、社員同士の交流を深めるための社内イベントです。参加するだけで自然とコミュニケーションが起こる社内イベントを通して、社員のモチベーションアップを図りましょう。今回は、社員の交流を深める企画5つをご紹介します。

社内イベントが企業にもたらすメリット

社員たちの大切な時間を割いて行う社内イベントですが、それによってもたらされるメリットは非常に大きなものです。まず、日頃の業務ではなかなか交流に至らない社員同士でも、社内イベントによって、交流のきっかけを持つことができます。こういった接点があるかないかは大きな違いです。
社員同士の間でコミュニケーションが発生し、さまざまな意見を交わせるようになると、日頃の業務効率の改善を期待することができます。
それから、社内イベントは社員の気分転換にも役立ちます。心身ともにリフレッシュすることで、業務へのモチベーションが向上することでしょう。企業を動かしているのは最終的に「人」であるため、社内イベントには企業を根本から活性化させる作用が期待できます。

【1】社員同士の交流が深まる!定番の「社員旅行」

8181-00002-02.jpg

社内イベントの定番と言えば、社員一同で旅を楽しむ「社員旅行」です。同じ地を観光し、同じ宿で過ごすことで、社員同士の交流の機会を豊富に作ることができます。
社員旅行は、費用を会社が全額負担してくれるため、参加しやすいことも魅力です。幹事やレクリエーションの担当者として、有力な若手社員を推薦すれば、リーダーシップを育成する機会としても利用できます。また、普段の業務では足を運ばないような観光地へ遠出することで、気分をリフレッシュできるはずです。
非日常的な空間で日頃の疲れを癒やしながら、交流が深まるイベントです。ぜひ企画してみましょう。


 

【2】白熱の対抗戦でチームワークが生まれる!「スポーツ大会」

8181-00002-03.jpg

社員同士の団結力を高めるイベントと言えば、チーム対抗で行う「スポーツ大会」です。部署や役職などの垣根を越えてチームを組み、他のチームと戦うことで、日頃の業務では交流しにくかった社員同士に絆が生まれます。また、体を思い切り動かすことによって、ストレスの解消にも役立つでしょう。
日々の業務に余裕があるならば、チームで自主的に練習をしても良いでしょう。チームごとに作戦を練ったり、チームでおそろいのユニホームを着用したり、自然とコミュニケーションや団結力が生まれやすい社内イベントです。
 



 

【3】比較的気軽に企画でき、誰もが楽しめる「食事会」

日頃の業務が忙しく、社内イベントを企画するのが難しい――そんな時でも比較的気軽に企画できるのが「食事会」です。おいしい料理を食べるのは、誰にとっても楽しい時間です。気軽にコミュニケーションを取れる場として、食事会は最適な社内イベントです。事前に希望の料理ジャンルをアンケート調査しておくなど、参加者の楽しみが増えるような工夫もできます。旅行やスポーツ大会と比べて、幹事の負担が少ないのも魅力のひとつでしょう。まずは手軽に始めたいという時におすすめします。

【4】共同作業を通して交流!レジャーで気分転換ができる「バーベキュー」

互いに協力して作業をすると、自然と交流が深まります。そんな共同作業を多く体験できる社内イベントが「バーベキュー」です。火をおこす、材料をカットする、網の上で焼く、片付けをする……といった手間のかかるバーベキューは、互いに協力することが不可欠です。役職の垣根を越えた協力関係を築くきっかけになります。
バーベキューは最終的においしい食事も楽しめる上に、程よいレジャー感覚も味わえます。旅行というほど遠出しなくても、比較的近くで開催できるため、参加しやすいことも魅力です。

【5】意見交換することで互いに交流が深まる「セミナーや討論会」

気軽に社員同士の意見交換ができる場として、「セミナーや討論会」を社内イベントとして企画してみてはいかがでしょうか?例えば、特定のテーマに沿ったセミナーを受講したり、映像作品を鑑賞したりした後に討論会を開催してもいいでしょう。日頃の業務とはまた別の場で、ひとりひとりが感じたことを言葉にして、互いの理解を深めます。セミナーの内容としては、座学ではなく参加型のワークショップにすると、より交流の機会が得やすくなります。

おわりに

今回は、社員同士の交流を深めてモチベーションを高める、社内イベントについてお伝えしました。ご紹介した社内イベントの他にも、さまざまなレクリエーションが考えられます。自社のカラーに合った、全員が参加しやすいイベントを企画することが大切です。コミュニケーションが自然と増えて気分をリフレッシュできる社内イベントを取り入れて、より良い職場環境を作り上げていきましょう。

一覧ページへ戻る