トップページ > コラム > 残業時間が0になる?内閣府が進めるワークライフバランスの世界観

コラム

残業時間が0になる?内閣府が進めるワークライフバランスの世界観

残業時間が0になる?内閣府が進めるワークライフバランスの世界観

働く人たちにとって問題になるのが、仕事と生活とのバランス。特に働く女性にとって、仕事をこなしながらいかに子育てや家事の時間を作り出すかは切実な問題です。そのような中で、内閣府による少子化対策として打ち出されてきたのがワークライフバランスの考え方。誰もが仕事と生活の調和を実現するその世界観とは?

ワークライフバランスとは?


ワークライフバランスとは直訳すると「仕事と生活の調和」。もともとは1980年代にアメリカやイギリスで仕事と家事・育児の両立を支えるために生まれた概念です。全ての働く人が仕事と生活のバランスを取れる社会を目指す取り組みとして浸透してきました。

日本では長時間労働が当たり前になっていましたが、それを見直そうという取り組みも少しずつ広まってきています。しかし、子育てをする女性にとって仕事を続けることはまだまだハードルが高いと言わざるを得ず、多くの女性が出産を機に退職しているのが現状です。

今なぜワークライフバランスが問題になるのか


政府がワークライバランスを打ち出した背景には、少子化対策や労働力の確保があります。女性の社会進出や共働き世帯の増加により加速する少子化や、高齢化が進むことによる労働力減少に歯止めをかけるために、働き方を見直し仕事と生活を両立できるようにしようというのがそのねらいです。

ワークライフバランスの実現には企業側の協力が欠かせません。残業を前提にした仕事のやり方や自分だけ早く帰りにくいという風潮を改善していく努力も必要です。さらに、育児中の社員に時短労働を認めるなど柔軟な対応が求められます。

ワークライフバランスが実現すると…?


日本では正社員の残業をなくすという意味合いで取られがちなワークライフバランスですが、そもそもワークライフバランスとは誰もが個人の生活を大切にしたバランスの取れた働き方ができること。残業をなくすのはその第一歩と言えるかもしれません。

仕事以外のプライベートを充実させることで、新たな出会いや発想が生まれることもあります。子どもや家族との時間を大切にできれば、時間的な両立以上のものも得られるでしょう。さらに、1人で膨大な量の仕事を抱え込まず仕事をシェアすることで新たな雇用が生まれる可能性もあります。



ワークライフバランスを実現することは少子化対策になるだけでなく、人として自立した幸せな働き方の実現と考えられます。そのためには、正社員のワークライフバランスだけでなく、非正規労働者の増加やワーキングプアの問題も同時に考える必要があります。全ての労働者が幸せな働き方のできる社会が実現して初めて、少子化や労働力不足の問題も解決できるのではないでしょうか。



[写真著作者:Luxt Design]

一覧ページへ戻る