トップページ > コラム > ベビーシッターって使ったことある?活用方法と賢い選び方

コラム

ベビーシッターって使ったことある?活用方法と賢い選び方

ベビーシッターって使ったことある?活用方法と賢い選び方

待機児童問題により、育休復帰後の保育園の入所が困難で困っているママが多い都心部を中心とした保育施設の過疎地域では、認可外保育所の他にベビーシッターの活用が注目されています。ここでは、そんな悩めるキャリアママのためのベビーシッター活用法をご紹介していきます。

■ベビーシッターの資格

ベビーシッターを選ぶ際に注意しておきたいことの1つが、依頼するベビーシッターの資格の有無です。認可保育園や幼稚園であれば、保育士資格や幼稚園教論といった国家資格を所持している先生がお子さんを見てくれるという安心感があります。では、ベビーシッターはどうなのかというと、国家資格ではありませんが公益社団法人全国保育サービス協会という団体が「ベビーシッター資格認定試験」という資格試験を主催。その内容も筆記試験にとどまらず受験要件に協会主催する新任研修と、新任研修を受講した者だけが受講できる実地研修を受講することが必須となっています。さらに、実務経験として在宅保育やファミリーサポート事業などにおける経験を要します。また筆記試験も必須であり、知識や理論を身につけ、かつ専門的な研修および実務経験も有しているということが証明される安心と安全性を保証できる資格であるといえます。

■全国保育サービス協会の事業内容

全国保育サービス協会では、ベビーシッターの養成のみならず協会が国から委託を受けた事業として、ベビーシッター派遣事業を展開しており企業と連携したサービス提供を行っています。また、このサービスには、協会と企業が連携した育児支援事業として、企業で働く人がベビーシッターサービスを利用した場合にその利用料金の全額または一部を助成する事業も展開しています。さらに、合わせて産前産後休業時育児支援事業として、妊婦健診時および産褥時の体調不良により企業の労働者が育児支援サービスを利用した場合には、費用の全額または一部を助成する事業もあり、この事業はベビーシッターサービスを利用時の費用の助成とあわせて利用可能となっています。

■ベビーシッターの上手な活用法

では、いざベビーシッターを依頼したいと思った時どこに注意すれば良いのでしょうか?
以下はベビーシッターを選ぶ際に注意しておきたい項目です。ベビーシッター選びの際にはぜひ参考にしてみてください。

情報収集

ベビーシッターを派遣している企業はインターネット上にいくつか存在しますが、出来得る限り各自治体に登録しているベビーシッター事業者を選ぶようにしましょう。自治体に登録している事業者は、各自治体の実施する基準に達している事業者であり、信頼と安全性に長けている判断できます。

事前面談が可能な事業者の選定

インターネットで情報収集をした後には、必ず事前に面談をすることができる事業者を選びましょう。その際に気をつけておきたいのが、お子さんと依頼するベビーシッターの相性と、依頼主との子育てに対する方針の相違点がないか、実際に会った時の印象や信頼のおける人物であるかの確認です。面談をせずに依頼をした場合、お子さんとの相性が悪かったり、依頼主と異なった育児方針や人物である可能性もあります。不安な点は必ず解消してから依頼をするようにしましょう。

事業者名、ベビーシッターの氏名、住所、連絡先の確認

依頼の契約を結ぶ際には、必ず事業者の企業名および氏名、ベビーシッターの氏名、事業者の住所、事業者およびベビーシッターの連絡先を確認の上、ベビーシッターの身分証の確認をしましょう。

保育場所の確認

保育場所が依頼主の自宅であるのか、自宅外であるのかを確認し、自宅外の場合には保育場所を事前に確認しましょう。

加入保険の確認

緊急事態が発生した場合の事業者の加入保険と内容を確認しましょう。

預かり時間内にも電話確認を

ベビーシッターに預けている時間内にも、お子さんの様子などをこまめに電話などでチェックするように心掛けましょう。

緊急時の連絡先

天災や災害、お子さんの急病などによる緊急時の連絡先の確認をしましょう。



ベビーシッターを依頼する際には、保育園や幼稚園を選ぶ時と同じように事業者が安全で信頼における会社や人物であるかどうかの確認が重要になってきます。
インターネット上の情報を過信するばかりでなく、ママ自らが自身の目で確認し、不安な点を解消してからお子さんを預けるようしましょう。

一覧ページへ戻る